渡部 修(わたべ おさむ)

  • 所属と役職:JA長野厚生連 佐久総合病院 佐久医療センター(450床) 救命救急センター副部長、GICU責任医
  • 出身大学と卒業年:秋田大学医学部 1997年卒
  • おもな資格:集中治療専門医、救急科専門医、認定内科医、日本医療機能評価機構CVC研修会インストラクター、日本DMAT隊員、ドクターヘリ指導医

自己紹介

埼玉県立浦和西高校ではヘビメタバンドでベースを弾いていました。某大学文学部を卒業後、バンドマンの夢はあきらめ、小さいころから医師になりたかったことをやっと思い出し、バブル真っ盛りの89年に駿台予備学校で受験勉強、90年には春日部の実家で宅浪しZ会通信添削をやりながら91年秋田大学医学部に入学しました。
卒後、佐久総合病院で初期研修し、2001年から同院ICUの専従医、2014年の佐久医療センターへの移転(分割再構築)以来、GICU(General ICU)責任医として勤務しています。

☆エコーガイド下CVCは2000例以上の個人的実績と長年蓄積したノウハウがあります。この「中心静脈カテーテル法 マスターコース」サイトでそのノウハウをアクセスしやすい形で提供します。
☆多くの「CVマスター」が増えて、CVCの事故が少しでも減っていくことを願っています!

技術は社会のものであって、個人のものではない。

若月 俊一(佐久総合病院 名誉総長)

・・・いったい技術とはなんぞやといえば、これはもともと人間の社会と歴史が作ったもので、私たち個人のものではない。そして、技術者も社会的人間でなければならないことを悟る必要があろう。
そうすれば、技術者も社会にどのような関係を持つべきか、ということが大きな問題となってくる。学んだ技術を用いて、社会に「お返し」をしなければならないのである。そこから、社会的責任みたいなものも自然に出てこよう。

出典:松島松翠 編著 佐久総合病院 監修 「現代(いま)に生きる 若月俊一のことば」 p110-111 家の光協会  2014年

パスワードリクエスト

  • このサイトは、中心静脈カテーテル法などの医療情報を、医療従事者・関係者の方に提供する目的として作成されており、パスワードで保護されています。 一般の方のご訪問はご遠慮ください。
  • サイトをご覧になりたい医療従事者・関係者の方は、以下のフォームから、ご所属、お名前、メールアドレス(パスワード送信用)を記入し、メールを送信してください。
  • 入力されたメールアドレスあてに、ユーザーネームとパスワードを発行いたします。
  • 左カラムの記事をクリックした際にユーザーネームとパスワードのリクエストフォームが表示されますので、発行されたユーザーネームとパスワードを入力してください。
  • 送信された情報は他の目的で使用することはありません。プライバシーポリシーをご参照ください。

  • 返信メールが届かない場合(キャリアメールの場合はご注意ください)は、トップページのお問い合わせフォームからご所属、お名前、メールアドレスを記入し、ご連絡ください。

CVC関係の学会発表、論文など

  • 「当院における中心静成功カテーテル挿入の成功率と合併症の検討」. 第29回日本集中治療医学会学術集会(札幌)2002.
  • 「中心静脈カテーテル挿入に関する技術研修プログラムの作成」. 第31回日本集中治療医学会学術集会(大阪)2006.
  • 「中心静脈カテーテル挿入に関する 技術研修プログラム (CVCトレーニング)の考案」. 日本モデル&シミュレーション医学教育研究会(岐阜)2006.
  • 「中心静脈カテーテル挿入に関する 技術研修プログラムの構築と医療安全対策」. 第1回医療の質・安全学会(東京)2006.
  • 「リアルタイムエコーガイドとX線透視を使用した腋窩静脈アプローチ中心静脈カテーテル挿入法の検討」. 第34回日本集中治療医学会学術集会(神戸)2007.
  • リアルタイム超音波ガイド下中心静脈カテーテル挿入法の技術」. ICUとCCU Vol.33(9):715~720,2009
  • リアルタイム超音波とX線透視を使用した腋窩静脈穿刺中心静脈カテーテル挿入法の安全性と確実性の検討」. 日本集中治療医学会誌 2009;16:163-167
  • 「中心静脈カテーテル穿刺挿入法の総合的技術研修の試み」. 第36回 日本集中治療医学会学術集会(大阪)2009.
  • 「リアルタイム超音波ガイド下中心静脈カテーテル挿入法-needle leading methodによる腋窩静脈穿刺-」.第5回医療の質・安全学会(千葉)2010.
  • 「長軸像穿刺用ニードルガイドを併用した斜位像によるリアルタイム超音波ガイド下鎖骨下穿刺」.第40回日本集中治療医学会(松本)2013.
  • 「集中治療領域でのリアルタイム超音波ガイド下鎖骨下穿刺による中心静脈路確保の試み」.第40回日本集中治療医学会(松本)2013.
  • 「中心静脈カテーテル穿刺・挿入・管理に関する事故報道事例43例の検討」.第8回医療の質・安全学会(東京)2013.
  • 「輸液カテーテル管理の実践基準:輸液治療の穿刺部位・デバイス選択とカテーテル管理ガイドライン」. 日本VADコンソーシアム編. ガイドライン作成協力者. 南山堂 2016
  • 「短針を使用したリアルタイム超音波ガイドによる腋窩静脈・鎖骨下穿刺の安全性の検証」. 第44回 日本集中治療医学会学術集会(札幌)2017.
  • 「短針を使用したリアルタイム超音波ガイドによる腋窩静脈・鎖骨下穿刺の安全性の検討」.第12回医療の質・安全学会 学術集会(千葉)2017.

著作物、出演番組など

 

 

  • 「エコーガイド下内頚静脈穿刺法」 井上善文編 CVCパーフェクトガイド. 日本医事新報社:2019. p20-37

 

  • 中心静脈カテーテル挿入法(総論)2 目的・適応・禁忌. 「必ずうまくなる!中心静脈穿刺 ~部位別穿刺法のコツと合併症回避のポイント」森脇龍太郎、中田一之編. 羊土社: 2007.  P17-21

 

  • NHK ニュースウォッチ9 「防げカテーテル事故 現場の模索」 2009. 7. 16

 

  • -Precurser 先駆者- (インタービュー記事). ドクターズマガジン. メディカル・プリンシプル社. 2009.1 precursor

 

  • 「エコーガイド下鎖骨下穿刺法」. 井上善文編. 臨床栄養別冊 JCNセレクト4 ワンステップアップ静脈栄養. 医歯薬出版株式会社:2010. p154-159

 

  • 「安全な中心静脈カテーテル穿刺・挿入のためのChecklist」. Novellus (日本コヴィディエン株式会社社内誌) 2013 Sep vol.5

novellus

 

  • 「リアルタイム超音波ガイド下 中心静脈カテーテル穿刺・挿入法 ~その理論と手技の実際~」 DVD 日経映像 2013